安心安全の素材選び | AITOHUS

AITOHUS

スマホを横にしてお楽しみください

QUALITY

大切なことは目に見えない

安心安全なサスティナブルな
住まいの為の内外装選び

シックハウスを防ぐだけでなく、メンテナンスが容易に行える自然素材。
持続可能なサスティナブルデザインを実現します。

戸建て住宅のリフォーム費用がかかるのはあたりまえと思っていませんか?

世界で最も多い日本の
家事労働を1/2以下に

日本の住宅の外壁材の80%が窯業系サイディングを使用。

出典:日本サッシ協会

世界で最も多い日本の
家事労働を1/2以下に

パネル状のボードを貼って外壁を仕上げる工法。ケミカルなセメント板を圧縮し、それに模様をつけてつくっています。

出典:日本窯業外装協会

世界で最も多い日本の
家事労働を1/2以下に

熟練した職人を必要とせず、窯業系サイディングは工期が短く、安価。供給する側にとってのメリットは多いです。そのため、日本の住宅の外壁材の約80%が窯業系サイディングとして使われるようになりました。しかし、30年間のライフサイクルコストを考えると住まい手にとって決してメリットのあるものとはいえません。

アイトフースが採用している
素材は将来的な
メンテナンス費も含めて
ライフサイクルコストを
抑えることが可能です。

アイトフースがサイディングを使用しない理由

①メンテナンスに
コストがかかる。

経年劣化を防ぐための10年~15年ごとにする一般的な窯業系サイディングに対する再塗装費は100万~200万必要とします。

②躯体に悪影響を及ぼす
シーリング材の劣化。

メンテナンスに関してはサイディング自体の塗装に加えて、継ぎ目に充填するシーリング材のメンテナンスも必要、シーリング材が劣化し、隙間ができることで、雨水が侵入し、躯体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

日本の伝統的な建築に採用されつづけてきた実績ある素材。

アイトフースが採用する塗り壁材や焼杉、素焼き瓦などの自然素材は歳月と共に風合いを増し、永く愛着を持って住み継ぐためにも必要不可欠です。

100%天然原料 塗り壁材

外壁の焼杉

素焼き瓦

アイトフースの住まいが家族にできること

これら問題解決が伴った設計により、日常に感じる幸せをより多く実感できる住まいだと考えています。

1

世界で最も多い日本の
家事労働を1/2以下に

家族と過ごすゆとり時間を増やす

2

暑い・寒い・結露
日本の住環境三大不満

パッシブデザイン+高断熱気密

3

健康と介護に配慮した
安心の住まい

体温調節機能をリセット

4

メンテナンスが容易な
自然素材の住まい

持続可能な住まい

Scroll Up