アイトフース

BLOG

アーカイブ

理想の家造り
2021年11月11日

現場監督の視点から

10月半ばも過ぎ、暑さも和らぎ、やっと秋らしくなってきましたね。
年中黒光りしてる現場監督の西村です。
前職では公共建築を中心に8年、アイトフースでは住宅を専門に12年、気が付けば建築に携わる仕事を始めてからそろそろ20年が経とうとしています。
仕事柄、車での移動が多い中で、いろんな住宅会社の建築現場が目に止まります。

この家の設計にはどんな想いが詰まってるんだろう
ここにはどんな家族が住むんだろう
この職人さん達はどんな気持ちで家造りしてるんだろう
思い通りの形になってるのかな
いろんな事を考えてしまいます。

そもそも理想の家造りって何なんだろう…
住まいを考える人の拘りや、思いやりが詰まり、
住まいを造る人が楽しく、真剣に取り組み、
住まう人の暮らしが豊かになり、喜びを感じる。

造り手の住まいに対する想いや拘りと、そこに住まう人の価値観とが合致した時に、理想の家造りが現実になる、そう思います。

日本中にハウスビルダーが何社存在しているかは分かりませんが、百人百様、目指す住まいの形は違います。
何でも簡単に情報が手に入る時代、先ずは、北欧をお手本に人を中心に考えるアイトフースの目指す住まいを知って下さい。
定期的にお施主様のご好意により、実際に建てられたお住まいで、見学会をさせて頂いています。
是非、ご家族でご参加下さい。
数多く参加される事で、スタッフとの関係も深まり、よりアイトフースを知る事もでき、理想に近付くという訳です。

家造りの前に知っておかなければならない事、家造りに対する悩みや相談を解決する場として『SUMAIKU』スマイクという、スタッフとお客様との勉強会も実施しております。

どんなハウスビルダーなの?
どんな家造りをするの?
何に拘ってるの?
建築した人はどんな生活を送ってるの?

少しでも、アイトフースに興味のある方は是非ご参加下さい。
価値観を共有できたら幸いです。

現場監督として、一つ一つ完成していく喜びを感じながら仕事をさせて頂いています。一つでも多くのご家族へ理想の家造りのお手伝いが出来る、そんな出会いを心待ちにしております。

関連記事