アイトフース

BLOG

モデルハウスクオリティで住まいづくりが出来る理由
2022年3月7日

こんにちは。設計の⻑坂です。

私は以前、設計事務所と組んでリノベーションをする建設会社に勤めていました。
デザイン性を強く求められるご提案するので図面枚数が多く、それは設計事務所だから当然と思っていましたが、住宅会社(工務店)であるアイトフースの図面枚数も、それらの設計事務所以上の枚数で衝撃を受けました。

図面が多いのは暮らしのための住まいづくりだから

注文住宅専門店として、施主様の暮らしに沿った住まいをご提案するため、ヒアリングと現地調査を入念に行った後、プラン提案を進めます。ご契約後の図面は、敷地配置図、平面図、仕上表、立面図に加え、電気照明計画図・各部屋の展開図や詳細図を作成致します。

アイトフースの住まいづくりの特徴でもある照明計画や、オーダーキッチンやTV周辺・主寝室のベッド等の造作家具まできちんと設計の段階で計画することで、より暮らしを豊かにする心地良い空間となります。各物件細部まで検討し書き込むため、展開図の縮尺は 1/20 と大きめです。

例えば、TV 廻りは家具を購入することが多いと思いますが、アイトフースでは、配線をすっきりさせるためだけではなく、その空間にあったものを造作しています。モデルハウスでは TV と両サイドの収納の高さを合わせることで統一感を出しています。

同じクオリティの住まいづくり

どの住まいも採用している素材は同等レベルを採用し、お施主様の暮らしに沿って使い方やプランに合ったものをセレクトしご提案している為、図面の枚数も増えていきます。
住まいを検討し初めの方は、まずはモデルハウスをご覧頂いた後、完成見学会で実際のお住まいと同等クオリティというのを体感していただければと思います。すでに何度かお越しいただいている方や建築中のお施主様は、プランや快適さだけでなく、同じ素材でも仕上げ方が違ったりするので、細かいところもチェックして見ていただくとよりアイトフースの住まいづくりをより体感していただけることと思います。

関連記事