デザインの本質である機能・性能・幸せな暮らしのための

AITOHUS QUALITY



構造 2×6工法について



地震の多い日本

日本での地震は、その発生数もさることながら、震源に近い、遠い、種類も直下型、海溝型、余震の回数揺れの大小など多岐にわたります。直下型(内陸型)地震の代表的な阪神大震災(兵庫県南部地震)では、建物の老朽化が原因のものもありますが、全壊約10万棟、半壊 14万棟といわれています。海溝型地震の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)でも、津波以外の地震による建物の全壊が約1万棟にものぼります。その中で、2×4住宅の被害は阪神大震災時で全壊0、半壊2棟。(8,948棟調査)東日本大震災では全壊7棟、半壊69棟(20,122 棟調査)(日本ツーバイフォー建築協会による)というデータがあります。このことから2×4工法の特徴である地震などの力を分散させるモノコック構造が小さい地震はもちろん、大きい地震に対して有利であるといえます。

持続可能な家に必要な構造

日本での地震は、その発生数もさることながら、震源に近い、遠い、種類も直下型、海溝型、余震の回数揺れの大小など多岐にわたります。直下型(内陸型)地震の代表的な阪神大震災(兵庫県南部地震)では、建物の老朽化が原因のものもありますが、全壊約10万棟、半壊 14万棟といわれています。海溝型地震の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)でも、津波以外の地震による建物の全壊が約1万棟にものぼります。その中で、2×4住宅の被害は阪神大震災時で全壊0、半壊2棟。(8,948棟調査)東日本大震災では全壊7棟、半壊69棟(20,122 棟調査)(日本ツーバイフォー建築協会による)というデータがあります。このことから2×4工法の特徴である地震などの力を分散させるモノコック構造が小さい地震はもちろん、大きい地震に対して有利であるといえます。


2×4工法と2×6工法の使用木材断面性能比較

 

寸法
型式
断面
(cm2)
断面係数
(曲げ応力)
2×433.850.1
2×653.2124.1
2×61.57倍2.47倍
現場施工風景
その他のアイトフース品質はこちら