アイトフース

BLOG

理想の家より難しい? ”土地探し” 3つのポイント
2022年1月30日

こんにちは。設計士の廣江です。
家を建てるための土地探しは、想像されているより大変です。
当然ですが、土地を買うということは生涯そこに住むという事なので、慎重な決断を要します。
「購入を迷っているうちに売れてしまった」ということも多かったり、そもそも長期間待っても希望エリアの土地情報が入手できなかったり…
中でも広島は全国的に見ても需要と地価が高いことから、運命の土地と出会えるまでに数年~十数年かかった方もたくさん見てきました。

今回は、“すでに長年土地探しをされている方”や“これから土地を探したいけど何から始めていいか分からない”という方に向けて、「土地の探し方」について少しでも有益な情報をお伝えできればと思います。

 土地探しをはじめる前に…

まず、土地探しの前に準備しておきたいのは、住まいづくりにかかる全体の資金を把握することです。
注文住宅を建てる上では、土地費用と建物費用だけではなく、登記や火災保険、銀行の諸費用など、最初は想像していなかったような費用も必要です。
全体を把握してこそ、土地にかけられる予算が見えてくるのです。

よく聞く“家づくり失敗例”の一つは、「まずは土地を決めて、その後建物のことをゆっくり考えよう」としてしまうことです。
この場合、土地費用に予算がかかりすぎてしまい、建物や外構にかけられる予算が不足し、理想の住まいづくりができなくなることが多いようです。
土地を探す前に全体を含めた資金計画を立て、理想の住まいづくりのために充てられる費用のバランスを知っていただくことをおすすめします。

▷ 資金計画相談会についてはこちら

土地の探し方❶希望エリアの相場を肌で知る

1つ目は希望する「エリア」で希望の「大きさ」の土地がどのくらいの価格なのか、土地の相場を知ることです。
相場を知っておかなければ、いざ気に入る土地が出てきた際に高いのか安いのか判断がつきません。
単純に土地単価に対して比較することは簡単ですが、近隣状況や日当たりなどの条件を含めて考えようと思うと、やはり相場を把握して、多くの物件を見た上で判断する必要があるのです。

土地の探し方❷不動産屋さんに相談してみる

2つ目は不動産屋さんに足を運ぶことです。
インターネット上で気軽に情報が手に入るご時世ですが、公に出ている情報が全てとは限りません。個々の不動産屋さんしか扱っていない情報や表には出ていない情報はたくさんあります。(そして、良い情報ほど表に出る前に売れてしまうのが現実です。

不動産屋さんに直接、「〇〇エリアで〇〇万円くらいの土地を購入検討している」と伝え、情報が出てきた際には連絡をもらえるようにお願いしておくと、好物件情報を優先して教えてもらえることも少なくありません。

土地の探し方❸実際に現地を見る+プロの意見を聞く

3つ目は実際に現地を見てみることです。
日当たりや近隣状況、道路の幅、電柱など、写真や図面上だけではわからない事が沢山あります。
できれば1回だけでなく、様々な時間帯で確認してみるのもよいでしょう。(「目の前のマンションに遮られて朝は光が届かないな」「夜は辺りが暗くて子供一人で歩かせるのは恐いかも」「通勤ラッシュで近所の道が混んでいそう」といった気づきがあるかもしれません。)

そして、さらにおすすめは専門家(設計士)の目で確認をしてもらうことです。
数多く実例を見てきた専門家だからこそ、チェックポイントを的確に確認できます。
また、自分たちでは気にかかっていた部分も、実は設計計画次第では問題が解決できそう、ということもよくある話だったりします

アイトフースでも、「気になる土地がある」とお声掛けいただければ、直接現地を確認させていただいております。
プロとして、お客様の状況にも寄り添いながらアドバイスをさせていただきますので、まずはご相談ください。

まとめ:土地探しを成功させるために…

“良い土地”は、どのタイミングで出てくるかわかりません。
急に訪れるそのタイミングを逃さないためにも、事前に土地の予算をしっかりと把握して、希望エリアの土地の相場観を理解し、不動産屋さんから最新の土地情報を入手した際にはしっかりと決断ができる準備を整えておくことが大切です。

資金計画を立てておくことが土地探しへの最大の近道ですので、まずはこの機会にぜひご相談ください。
理想の土地探しへのお手伝いができれば幸いです。

関連記事