BLOG

「ハウスメンテナンス&時短お掃除レクチャー会」

自然素材を楽しむためのメンテナンス術

アイトフースの家にお住まいのOBさんを対象に「ハウスメンテナンス&お掃除レクチャー会」を行いました。今回は、最近お引渡しの方から少し前に建築させていただいた方に参加いただきました。おそらくアイトフースは、最も自然素材を多用している住宅会社です。お薦めさせていただいている漆喰壁やフローリングや家具たちも、ただ自然素材というだけではなく手触りや足ざわりまで心地よさを感じていただき、メンテナンスさえも楽しんでいただきたいとの想いで仕上げ方にも拘っています。デンマーク特有の仕上げ方ですので、よりメンテナンスレクチャー会も必要というわけです。

素材の質感で手触りのみならず空気感や味覚も違ってくる!

家の中のフローリングもソープ仕上げですのでソープを床に落としても何ら問題ありませんが、ちょうど外が心地よい天候だったので、外で椅子のお掃除方法を説明させていただきました。家具計画時やお引渡し時にもご説明はさせていただくのですが、他の多くの取扱い説明と同時だと内容も浅いので、暮らして使ってみて初めて疑問も湧いてくるというものです。ソープで椅子をどのように洗うのか? 皆さん、最も関心があるのが椅子やテーブルのソープ仕上げのようです。手垢などで汚れた部分を洗顔をするように優しく泡で洗い上げます。特に黒くなっているアームなどは見る見る綺麗な木肌、そして美肌になっていきます。世の中ラッカー仕上げの家具が大半ですが、クリアーに仕上げても塗膜性の塗装では、せっかくの木の質感は失われ、見た目だけの木ということになります。木の良さ敏感に感じ取れるのはおそらくデンマーク人と日本人ぐらいかもしれません。例えば、本格的な鮨や天ぷら店の無垢の木カウンターがテカテカ光っていたら興ざめしませんか? 拘る板前さんほどカウンターの仕上げにまで拘って、メンテナンス術も心得ているはずです。

すぐに成果が出るとお掃除メンテナンスも楽しくなる!

掃除やメンテナンスができないしたくない?方の殆どはなかなか成果が出ないことにあるのではないでしょうか?特に庭のお掃除は、草抜きを懸命にがんばっても、成果が出ない綺麗にならないなどストレスとなっていることが多いように思います。最小限のお手入れで庭が時間とともに味わいある庭になるのであればどうでしょう?もっと庭を広くして楽しみたいと思う方も多いのでは?
また、最も効率よく美しく仕上がる窓ガラスの拭き方や、無垢フローリング(醤油を一週間放置した床材)を簡単に落とすというデモンストレーションをさせていただきました。

年月と共に愛着の湧く住まいを目指す。

アイトフースの家づくりにおいては、実際にお住まいいただくまで分かりにくいことが多く、信じていただくしかない部分が多いと思います。家を気に入っていただく為に(施主さんが想像し易いこと)というより、福祉大国北欧の考え方にある「人が中心」という暮らしの本質を追求し、選んだ建材や設備であったり、住まいづくりの考え方であったりするので、今までの習慣や暮らしを大きく変えなくてはいけないことも少なくありません。こちらとしても誤解や思い込みを払拭するのにエネルギーが必要ですし、施主さんは慣れるまで更にエネルギーが必要なのかもしれません。
「ソープでお手入れ」なんて、めんどくさそうですが分かってしまうと面白いし楽しいし、子供にも物を大切にすることを伝えることができる。オーブンやサウナも、何でもない普段の暮らしを、こんなにも楽しくできるので「日本で何で普及しないのか?」分かってしまうと不思議になってくるはずです。年月と共に満足度が上がっていく住まいというのが理想です。その為には施主さんの創造の範囲内で住宅づくりをしないことだと思うのです。

最後は、モデルハウスのオーブンで焼いたスコーンとキャンベルズティーでお茶時間を楽しみました。

関連記事一覧

最新記事

おすすめ記事