BLOG

焼杉の家に映える山里風の庭(広島市 こころ M邸)

庭にもラグを敷いたかのようなタイムの植栽

今年は、気がついたら花見ができず桜を満喫できなかった方も多かったようですね。

こちらは、同じ「こころ団地内」の築5年が経とうとしているM邸です。

タイムがパープルな花を咲かせ庭にもラグを敷いたかのようです。

毎年GWの時期には、お約束のごとく咲いて、ご近所さんや通行者の目を魅了しています。

やっぱり植物は正直です。
土壌改良などの完成時には解りにくいきっちりした造園仕事がこのように住まい手だけではなく通行者まで毎年人を楽しませることができるのですから。

植栽もそこそこに多いというか、他のご近所のお住まいに比べて明らかに多い植栽の量です。

しかし、お住まいのMさんそうお手入れに時間を費やしている様子はありません。
山里スタイルの庭ですから四季の変化を十分に感じ取れ手入れが、ほとんど要らない庭になっているのでは?

おまけに焼杉の家にタイムラグはこくがあってまろやかな印象を与えてくれているのです。

インテリアもラグ、庭にもラグ
豊かな暮らしにタイムリーなラグ

ちょうど、こころモデルハウス「叢とモダンラグ展」をしているので少々無理やりな文章で結びつけてみました!

関連記事一覧

最新記事

おすすめ記事