BLOG

叢×サボテン×アート

叢のサボテンとモダンラグとの共通点

昨年、あるきっかけで、叢の小田さんとお会いする機会がありお話を伺うことが出来ました。
「サボテンなどの植物は、時間とともに生長し変化して魅力あるものになる。そんなアートって他にはない。」

そんな広島発信の叢の植物たちは国内のみならず海外からも大注目!

植物にとっても季節柄タイミングがよろしいようで...。
こころモデルハウスでアイトリブ取扱商品でもある叢の植物たちを展示販売させていただくこととなりました。

モデルハウスの小さなテラススペースのため小ぶりでベーシックタイプ(数千円~一万円台)のサボテンたちを中心に20点ほどセレクトしていただく予定です。

 

ヨーロッパで大人気のパッチワーク絨毯

こちらは、アートなラグ?
ミラノサローネ(世界的家具見本市)での展示ブースなどに多用され、ここ数年ヨーロッパで大人気のパッチワーク絨毯です。

キリムや絨毯の世界的産地であるトルコの伝統的な絨毯(手織り・手紡ぎ・草木染)をモダナイズドにハンドメイド加工することで個性的なラグに蘇っています。植物と同じく一つとして同じものが無いことも共通した部分であり魅力の一つです。

ラグは一つの空間の中で、目に見えない「意識としてのゾーニング」が簡単にでき、インテリアをまとまり易くしてくれること、当然、雰囲気を効果的に変えられることも魅力です。

又、小田さんのお話の中で「植物を違った視点、違った価値観で紹介したい」とのことでした。
パッチワーク絨毯も、伝統的な敷物からすると違った視点から生れる価値観です。
コンセプト的には非常に類似しているようで今回の組み合わせとなりました。

 

モダンキリムと叢の植物

こちらは、モダンキリムと叢の植物です。

キリム好きな方の中には「伝統柄じゃないとキリムとは言えない」と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは昔から伝わる遊牧民の伝統的な手紡ぎ、草木染、手織りの技術をつかいヨーロッパデザインで織られたキリムです。

重要なポイントは、とことんオーガニックウールを使用して「アブラッシュ」という工業製品では表現できない手仕事の微妙なグラデーションや味わい深い全体の不均一さが魅力となっています。

オーガニックウールは、想像以上に耐久性があり、ダイニングテーブルの下に敷いて椅子で摩れても光沢が出て、より味わいを増し代々受継がれていくことの出来るぐらいのキリムラグです。又、ウールの油分が汚れを防いでくれるので汚れ難くく、長期において愛着あるものに変化していくことでしょう。

このようなモダンキリムも国内での取扱も希少なようですので、ぜひお気軽にご覧いただき、ご意見をお聞かせいただくだけでも幸いかと存じます。

玄関マットとお子様用おしゃれスリッパ

こちらは、玄関マットとお子様用おしゃれスリッパ。玄関マットはアイトリブオリジナルでトルコの30年以上前のデッドストックなキリムを縫ってもらった少々カジュアルなキリムです。

 

トルコの伝統柄をモダンに表現した玄関用キリム

トルコやペルシャの複雑な伝統柄をおしゃれにコーディネイトされている事例を良く見かけるようになりました。
こちらは、トルコの伝統柄をモダンに表現した玄関用キリム、お手頃で永くお使いいただける、もちろん手織り草木染めの上質なキリムです。

 

イスタンブールの工場で縫製した「イカット」クッション

アジアでつくられた 絣(かすり)布全般を「イカット」と呼ぶようですが、こちらはウズベキスタンの絣布(草木染シルク素材)をイスタンブールの工場で縫製したクッションです。

パリのインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ2015」に出品した物と同じ物を直接イスタンブールから直輸入し中身も低反発な素材を選んでいます。

国内に販売しているショップも少ないのですが約半値以下でご購入いただける価格設定です。

 

「 叢(くさむら)& モダンラグ 」展示販売

住まいづくりを終え、しばらく住まれたOBさんから、「家も家具も快適なんだけど、ここちよい調度品に何を選んだら良いのか解らない」というお話をいただいていたこともアイトリブをオープンさせるきっかけの一つですが、

「で、なんで岡山なの?行きたいけど...遠いですね!」と

かくかくしかじかで...というわけです。

「何を扱っているのか解り難いんですけど...」

「ごもっともです!」

そんなことで、今回アイトリブ取扱いの一部「 叢(くさむら)& モダンラグ 」の展示販売を下記の通り催させていただく
こととなりましたので、ご案内させていただきます。ぜひ、ご家族ご友人、お誘い合わせの上お越し下さいませ。

 

日 時: 4月29日~5月10日
11:00~17:00
場 所: こころモデルハウス 広島市佐伯区石内北1‐23‐1
※少人数運営の為、Webからのご予約又は、お電話をいただけましたらスムーズに対応させていただけます。

関連記事一覧

最新記事

おすすめ記事