BLOG

宮島を眺めるK邸 完成見学会レポート

秋の深まりを感じながら、ここちよい気候に恵まれ
見学会を終えることができました。

三連休の中、多くの方々にご来場いただき
誠にありがとうございました。

OBの方々、ご検討中の方々
岡山・山口、そして岐阜県から新幹線でお越しいただいたT様
観光など他の目的のついでにではなく
見学会目的で、わざわざご来場いただいたとのこと
本当に嬉しく思います。

Kさんのご希望で枕木を採用した玄関ポーチ
左側に「アオダモ」
右手には「ヤマボウシ」

毎回どのお住まいにも選び抜かれた植栽たち
もちろん家全体のバランスにもドンピシャです。

家が完成して最後に重要なポイントとなるメインツリー
これがあたり前にできる造園業者は何故か希少なのです。

和室の地窓の前に造られた
ランダムな格子の木製パーティーションは
全体的には程よい主張、程よい遮り

夜は、光の漏れ方も魅力の一つです。

玄関を上がり、すぐに右に折れると階段スペース

カンガルーポーと照明の置かれている小上がりは
階段の一段目を兼ねつつリビングのTV台までつながり
インテリアの連続性をもたらしています。

ありそうでない和室
見れば見るほど、そのように感じていただけるはず

実は、最もオリジナリティーのあるシンプルインテリア
これは現地で、またの機会にお話しさせていただきたいと思います。

考えてみると、このような角度で
長時間、瀬戸内海を眺めるのは初めて
鳴門海峡や太平洋側の海を見て育った私にとって
湖のように波のない穏やかさは
キラキラした別世界の美しい海

美しい広島、美しい瀬戸内海を発見

いつも娘さんに囲まれて幸せが表情にあふれているKさん
「いい家をありがとうございました」
と本当に嬉しそうに言って下さいました。

中高生の娘さん達も打ち合わせや見学会に参加され、家づくりを経験
されたせいか満足そうな表情で……..喜んでいただいているのを見ると
こちらがエネルギーがわいてくる。

「人に喜んでいただいて自分も嬉しい」
これに勝ものはない…….究極だな。

関連記事一覧

最新記事

おすすめ記事