庭を楽しむ家 S邸[ 安佐南区 ]

庭について

玄関からリビングへ一歩踏み入れるとひと際目を引くのは、大きな窓越しに広がるお庭。
袖壁と木々、そして庭のワンポイントとなっている黄色のタープが周囲からの視線や強い日差しを程よく遮り、まるでオープンテラスのような空間。
コーヒーを飲んだり、バーベキューをしたり、時にはお子さんとキャンプごっこをしたりと、庭で過ごすひとときがとても充実しているご様子。
「ダイニングからも庭を眺め食事やお茶ができるので、常に大好きな庭を身近に感じることができています。ずっとイメージしてきた憧れの空間が実現でき大満足です。」とSさまご夫婦。
とくに奥さまは元々植物がお好きで、「ごみ出しや草抜きも楽しくしたい!」という思いをお持ちでした。北側玄関と南側の庭だけではなく、両サイドの隣地側にも樹木を植えたことで、キッチンの小窓からも四季の変化を楽しむことができます。
木製サッシ越しに見える眺めは、景色を切り取って絵画のように楽しむことができ、生活を豊かに演出します。

AITOHUSを選んだ決め手

SさまとAITOHUSの出会いは10年前。その後、完成見学会に何度もご参加いただきました。「AITOHUSも他社もたくさん見てきたからこそ分かったことがあるんです。AITOHUSは、どのお宅もモデルハウスのように素敵で、10年前に見た家を思い返しても飽きがこないデザイン。しかも、数年経った家の前を通っても庭が素敵なままだったんです。」とSさまご夫婦。
使い勝手の良さで家事労働を少なくする「機能」、四季を通しての快適性を実現する冷暖房システムなどの「性能」、住み手の暮らしを受け止めセンスを生かし、住まいとしての魅力を最大限に引き出す「デザイン」。これらを完成見学会などを通して体感されたことで新しい暮らしへの期待が膨らみ、Sさまご家族との住まいづくりが始まりました。

家事労働について

AITOHUSこだわりの「機能性」が顕著に表れている部分がキッチンまわり、ランドリールームです。フルオーダーのキッチンと作業台は菜箸や米びつ、コップを収納する位置など、細かい理想も叶えることができます。「料理の段取りがしやすくなり、作業効率が上がりました。」と奥さま。そして、ランドリールームがあることで洗濯から乾燥、アイロンがけまでの全てがその場で完結するため無駄な動きを省くことができます。
以前より家事労働が激減したことで家族と過ごす時間が増え、余裕のある暮らしになったことを感じられるそうです。打ち合わせを重ね充実したやりとりの中から、ストレスフリーの家事動線が実現しました。

2階について

階段を上がると、フリースペースと南側に面したご主人のワークスペースがあります。開放感がありながらも間接照明により落ち着いた雰囲気をつくり出します。子ども部屋は勾配天井を利用し、ロフトを設けたことで空間を有効に活用でき、お子さんが楽しめる工夫が満載です。

『住む』から『住むたのしみ』へ

玄関ドアを開けると鮮やかなかぼちゃのアート(草間彌生)が目に飛び込んできます。彼女が有名になる数年前、パワーを感じ購入されたそうです。「AITOHUSの家は色彩豊かな花や小物などを置いても色が映え煩雑にならないから、ディスプレイが楽しくなった」、「以前より家具が好きになった」など、楽しみながら住まわれている印象を受けました。
「友人が遊びに来たとき、居心地が良くてつい長居してしまった、と言われるとうれしいですね。お気に入りポイントがありすぎます!」とお話してくださいました。
Sさまと理解し合い、一緒になってつくり上げた家にはたくさんの楽しさが詰まっています。
Sさまの新しい暮らしへの情熱が実現した充実の住まいです。

設備・仕様

|敷地面積|187.24m²(56.64坪)
|延床面積|123.29m²(37.3坪)
|竣工年月|2013年4月
|家族構成|夫・妻・子供2人

 

Share :