快適は「窓」から

今さらですが西日本の夏は暑い、、、湿度が高く家の中が不快で暑く子供がグズるので、ついついショッピングモールに行ってしまったという方も多いのでは?、、、それは最近の新しい家でも、ほとんどの家が断熱気密性能不足ということです。ここ広島でもショッピングモールが必要以上に増える大きな要因の一つかもしれません!

やはりモールの建物も断熱不足で冷房負荷が大きく、エアコンが効き過ぎているので一時的に涼しいのですが、長時間そのような場所にいると身体が冷え過ぎるというのは誰もが経験されていること、、、そして外気との温度差による身体への負担が、夏バテの原因の一つとなっていることは言うまでもありません。

まだ商業施設では良いかも知れませんが、寛いで明日への鋭気を養うための住宅では、本来あってはならないこと、、、

日本の住宅の温熱環境

日本は、色々な分野で先進的ですが住宅の温熱環境は、欧米に比べ20年ぐらいは取り残されています。家が寒い暑いは仕方ないし当然のこと、我慢するのが美徳だとの考えも多いのが現状です!本当の快適な温熱環境の「快適」を手に入れる為には、日本の任意基準(未だ義務化されておらず2020年義務化)である「次世代省エネルギー基準」の家では明らかな断熱不足であることを、先ずは理解しなくてはいけません。

アイトフースでは、目に見えない本当の温熱の「快適」をお伝えするために、真夏真冬時に実際に建築させていただいたお住まいの完成見学会やOB様宅のお住まい見学会の「住んでる人に聞いてみよう!」をあえて多く行っているのです。

一般に建築業界でも断熱気密というと、床壁天井など構造躯体の中の目に見えない部分の断熱ばかりをいいます。「本質は目に見えない」ことが多いのですが、、、最も大事な部分でありながら、しかも目に見えているのに拘らず大事にされていないパーツがあります。

それは「」です!

窓は、通風や採光、外と繋がるための重要パーツですが、同時に熱の移動が大きく起きる部分(上記資料)です。にも拘わらず先進国の中でも最低性能の窓が当然のごとく使われ続けているわけです。それを国内の大手窓メーカーは、一昨年あたりからやっと性能値を堂々と示せる製品を出してきたばかりですが、少なくても西日本では普及していない状態で当然価格も高価です。国内の高性能輸入窓のシェアは、ほんの僅か、、、恐らく新築の2%もないぐらいと言われています。ということは、住宅のほとんどが断熱不足といっても過言ではない訳です。平成11年からの「次世代省エネルギー基準」の家が普及し、昔の無断熱の家より暖かく涼しいかもしれませんが、本当の快適には程遠いということが言えます。

上の資料についてですが、熱は、高い方から低い方へ移動する性質があります。
そのため、冬は室内の暖められた熱は外へ逃げ、反対に夏は、冷房で冷やされた室内に外気の暖かい熱が入ってきます。
これは、一般に熱損失(ヒートロス)と呼ばれているものです。

いくら壁・天井・床に断熱性能を上げても、熱はどんどん窓やドア(開口部)から逃げたり侵入したりするわけです。

上の資料からも明解なように、夏季は、窓から約70%もが外気の熱に影響されているのです。

涼温快適な家づくりに何が最も大切かを物語っている資料で、住まいづくりの最重要ポイントと言っても過言ではありません!
これを理解できない人はいないはずです。

少しばかり挑戦的になってしまうのですが大手ハウスメーカーの研究所も当然分かりきっていることです。
因みに、窓を含めた断熱性能値を明確にされ、性能住宅と言える大手ハウスメーカー、、、
私の知る限り、広島・岡山では3社知るのみです。

窓の性能を気にしていないということは、みすみす、寒くて暑い性能の悪い家づくりをしていると思ってよいほどです。
しかも、中小工務店に比べ、はるか高額住宅なのに、、、

欧米では、基本的に窓を見れば家の性能やグレードが分かると言われる程です!

EU諸国の最新鋭の窓やドアを採用

そんなわけで、アイトフースの家には、EU諸国の最新鋭の機械を備えた工場で生産された高性能な窓やドアを採用しています。

なぜ、わざわざ海外メーカーの窓を、、、

一番の理由は、国産品に充分な機能(開閉アクション)・性能・価格のバランスが望めないことと、外や庭を望む時のフレームとしてのデザイン性の問題です。

現在のアイトフースの窓・玄関ドアの性能値は下記の通りです。

U=0.77~1.2W/m²・K
玄関ドア
U=0.68~0.8W/m²・K

少なくとも、最近一般に普及している国産窓ドアの3~5倍の性能値です。

より機能的に開閉するための金物や性能値を上げるためのウォームエッジや水密性能を上げる為のパッキン材など細部のパーツもどんどん進化しているようです。

因みにアイトフースの窓は、台風時でも風きり音すらありませんし、豪雨の音も気づきにくい程です。

いつも感心させられることは、広大な工場に人が非常に少ないということです。
木製サッシが当たり前の国ですから当然といえば当然なのですが、、、

日本は世界から見て、「ものづくり先進国」「ハイテクの国」「メイドインジャパン」というイメージがあると思います。
しかし、住宅に限っては全く逆で、住建材には、優れた物が少なすぎるのです。

木材や瓦などの品質は良いとして、見た目は別としてユニットバス(排水の処理や清掃が容易)あとは、唯一海外から関心を向けられている洗浄機付便器ぐらいのものです。

強いて挙げるなら、木目調のプリント技術は本物より本物に見える?、、、
これには感心させられるけど、「そこにエネルギー注ぐなーっ」て言いたい!

「日本の家が寒い暑い」の原因

そんな中でも、窓は最もレベルの低い状態が続いてきました。
「日本の家が寒い暑い」の原因をつくってきたといってもよいほどです。

窓の断熱性能は、「熱貫流率」という指標で比較します。
U値とも言い、単位はW/㎡(平方メートル)・Kです。
1㎡当たり、かつ1時間当たりに通す熱量を表し、小さい数値ほど熱の出入りが少なく、高性能であることを意味します。
欧米などでは、窓の重要性がよく認識されており、U値に関して最低基準を設けていますがやはり、日本の基準は中国や韓国にも劣る最低レベル、、、
しかも、断熱と共に義務化されていないのが現状です。

既存住宅は仕方がないとしても、新築住宅においても売れ筋が
3.5~4.65W/m²・K
という低いレベルにとどまっています。
これでは、涼温快適な家には程遠いわけです。
どんなに悪くても1.5W/m²・K程度は確保しなくては家の中での熱中症やヒートショックは減少しないのです。

本当に快適な住まいを手に入れたならどんなリゾートも敵わない。
それは、一生続く「快適」という名のご褒美となるのです!

もちろんデザインも大切なのですが機能性能から生まれるデザイン、
理由あるデザインでなくてはならないのでは?

先ずは、
「SUMAIKU 家づくり勉強会」に
参加されることをおすすめ致します。
お気軽に参加お問合せ下さい。

参加ご希望の方はこちら

 

|ZEHについて|

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー ハウス)とは、住宅の断熱性能や設備の省エネ性能を上げる事、そして太陽光発電等でエネルギーを創ることにより、年間の一時エネルギー消費量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナスゼロにする住宅の事です。

アイトフースでは、ZEHビルダーとして認定(ZEH28B-01444-C)されています。

2020年度における年間のZEH(Nearly ZEHを含む)建築割合を60%以上をすることを目標にしています。

■普及目標と受託率(Nearly ZEHを含む)

年度 ZEH目標 受託率
平成28年度(2016年) 20 % 0 %
平成29年度(2017年) 30 %  
平成30年度(2018年) 40 %  
平成31年度(2019年) 50 %  
平成32年度(2020年) 60 %  
Share :