10年がかりの住まいづくりM邸[広島市東区]

 

結婚を機に住宅購入を検討されていた時、たまたまアイトフースのモデルハウスを見つけられたのがM様との出会いです。「その後、土地探しから始まり、家を建てるまでに転勤等の期間も含め約10年かかりましたが、その間に完成見学会やイベントに参加し、家研究をじっくりすることができました。」とM様ご夫婦。

 

建坪15坪。「小さく建てて、広く住まう上質な暮らし」

希望エリアでやっと見つけた土地は、坂の途中にある変形土地で敷地面積も狭まめ。一見不利な条件ですが、「眺望が良いことや石垣の法面を有効に活かすなど、その土地のプラス要因を見い出し、不利な要因を払拭させることができる」という「アイトフース設計担当の力強い言葉で土地購入を決めることができました」とM様。また性能住宅では、断熱・気密性能を活かし、開放的な間取りが可能なので家中全体がエアコン1台で涼温快適に広々と住まうことができることなど、「ただ広くて新しいという家づくりではなく、家を建てることで今までの暮らしの質をランクアップ出来る」と確信して設計担当と相談しながらの住まいづくりをスタートしました。

 

性能住宅(高断熱・高気密)だから可能な、広々空間の設計

「家族が食卓を囲んでゆったり過ごせる住まい」というコンセプトの下、LDKを少しでも広く確保するため、廊下などの無駄なスペースを無くし、玄関や和室とも直結している設計に。壁で仕切って空間の役割を決めてしまうのではなく、どこかが何かの機能をもっている曖昧な空間を残すことで視覚的な広がりを確保しています。また、変形土地を活用した広いデッキでは、窓を開け放てばリビングも一繋がりにでき、より広さを感じる一体空間となっています。

 

家事労働軽減設計→家事が激減 → ユトリ時間を楽しむ暮らし

LDKのスペースを、できるだけゆったりと確保するためにアイランドカウンターとダイニングテーブルを兼用化したオーダーキッチンは、家族と会話しながら料理ができ、配膳や食器の片づけもスムーズに行えます。「和食も作れたり、同時調理可能なオーブンや、高性能な食洗機を備えたオーダーキッチン・ランドリー・庭・浴室・家具などの計画が、性能やデザインだけではなく、お掃除容易に機能的に計画されているおかげで家事の負担が大幅に減ったことを実感しています。基本LDKで家族それぞれ好きな事をしていますが、プライベートな空間の確保もきちんと考えられていて穏やかで心豊かな家族の時間が流れています。」と奥様。料理と共に大変だった洗濯関係の家事は、ランドリールームのおかげで時間や天候に縛られることなく洗濯ができ、「洗濯・物干し・アイロン・収納」を一つの空間で完結できるのでストレスなく過ごせているそうです。

「家事の時間と手間が少なくなったことで、なにより家族と過ごす時間が増えたことが、一番うれしい」と話して下さいました。

 

 

 

シンプルな暮らし → ゆたかな暮らし(北欧の暮らしをお手本)

家の大きさやデザインだけの家ではなく、本当に必要な機能や性能を備えてデザインされた住まいは、より暮らしを豊かにするとアイトフースでは考えています。それは北欧諸国、特にデンマークの住まいづくりや暮らし方に最も息づいていると言えます。

 

「小さい」「少ない」はマイナスではない

ル・コルビジェやフランク・ロイド・ライトと共に、近代建築の三大巨匠のひとりミース・ファンデル・ローエの「Less is more より少ないことは、より豊かなことだ」という名言は建築について語られた言葉ですが、建築のみならす物や情報に溢れ、ストレスを抱えている現在の世の中が求めていること、本当に必要な物で暮らすことがどれだけ真の豊かさを生むのか、「Less is more」 住まいづくりにおいて、暮らしにおいて最も重要ワードとして頭の中に刻んでおきたいことだと思います。

 

ロフトスペースを家族全員の寝室し、勾配天井を利用してベッドからTVが見やすく設置されています。

また、ベッドマットや枕までアイトフースから提案させていただきました!大切なのは、ベッドフレームではなくマットや枕の品質です。

 

気候の良い季節は、風の道を生む天窓(トップライト)

瀬戸内気候に有効な通風計画 

空調設備や敷地条件などによっても異なりますが、アイトフースでは天窓を多用しています。それは、採光を効率的に採り入れるだけではなく広島・岡山・山口など瀬戸内気候の特徴に大きく関係していることでもあります。瀬戸内気候の大きな特徴の一つは「蒸し暑く風が少ない」ということ。さらには、広島は最強に雨が多く、岡山は雨が少ないけれど最も風が少なく暑い日本で不快指数が最も高い県ということです。

心地よい気候の新鮮な空気は、人も家も健やかにします。「通風」を有効に確保するには、風の入口と、その反対側に出口を設け、風の通り道をつくることが必要です。吹き抜けや階段が通り道になり下階の開口部から入った風が上階の天窓へと導かれ、家のなかに立体的な空気の流れをつくり出します。ドラフト効果(温まった空気が上へと向かうことにより、たとえ無風でも下から上へ空気の流れが起こる現象)を換気と排熱に利用するには、家の上部と下部に2方向に開口部が必要で、その高低差が大きいほど効果的。天窓は窓だけの場合と比較して通気量が2倍~4倍になります。

M邸でも、VELUX社(デンマークに本社を置く世界一の天窓メーカー)を採用し、こちらの寝室(北側の天窓)を設けることで、1階からの有効な風の道をつくりだしています。

 

 

設備・仕様

|敷地面積|142.88㎡(43.22坪)

|延床面積|104.07㎡(31.48坪)

|竣工年月|平成27年4月

|家族構成|夫・妻・子供3人

 

こちらの記事もどうぞ→注文住宅は、オーダーキッチンでデザイン

モデルハウスのご案内

 

 

 

Share :